フリーワード事務所検索

遺言・相続該当コラム数7

2017-11-01 11:17:41

相続放棄の手続き 相続人は、相続を承認するか放棄するか限定承認するか自由に選択することが出来ます。 選択には自己のために相続の開始があったことを知った時から、3か月以内という期限があり、何...続きを見る

2017-11-01 11:15:50

尊厳死とは、病気や事故などで治癒の見込みのない末期状態の人が自分の意思で過剰な延命措置を中止し、人間としての尊厳を保ちつつ死に臨むことを言います。 「尊厳死宣言書」は尊厳死を希望するときに、本人が自...続きを見る

2017-11-01 11:10:38

平成29年5月29日(月)から、全国の登記所(法務局)において、各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。 今まで、相続手続では、お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等...続きを見る

2017-07-25 14:08:57

相続税の納税財源として物納等を検討される方がいますが、今ある土地を手放さずに財源を確保するのに、定期借地権を活用する方法もあります。 定期借地権は、平成4年8月に施行された「借地借家法」により誕生し...続きを見る

2017-07-06 15:43:08

【相談事例】 高齢の父親の世話をしている一人娘のAさんは、自身でローンを組み高齢者サービス付きマンションを購入し、同居する予定である。転居後は誰も住まなくなった父親名義の実家の売却をしたい。しか...続きを見る

2017-05-20 11:31:51

私が成年後見人をしていた方で債務超過でお亡くなりになった方がいます。 現金預貯金は(死後事務の精算の結果)0円です。 相続人の方(直系卑属の子ら)へ財産目録や収支等を報告通知したところ、相続放...続きを見る

2014-10-30 11:22:29

「相続についてのワンポイント(子供がいない夫婦)-なぜ、甥姪が相続人に?」 子供がいない夫婦で、両親もすでに他界しており、夫婦水入らずの生活をしている人にとって、遺産相続には何の問題も起こらない...続きを見る